国際・科学

米副大統領候補討論会、コロナ対策「歴代政権で最大の失敗」とハリス氏

【10月8日 AFP】来月の米大統領選に向けた共和党のマイク・ペンス(Mike Pence)副大統領と民主党のカマラ・ハリス(Kamala Harris)上院議員による副大統領候補テレビ討論会が7日、米ユタ州ソルトレークシティー(Salt Lake City)で開催された。ハリス氏は、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領政権の新型コロナウイルス対策は歴代の米政権で「最大の失敗」だと批判した。

 米国では、これまでに750万人以上が新型コロナウイルスに感染し、死者は21万人を超えた。いずれも世界最多だ。

「米国民は、わが国の歴代政権で最大の失敗を目の当たりにした」とハリス氏は述べ、トランプ政権には再選を目指す権利はないと主張した。

 これに対しペンス氏は、トランプ氏の信頼性を攻撃することで、ハリス氏は開発中の新型コロナウイルスワクチンに対する国民の信頼を損なっていると批判。「トランプ政権下でワクチンが完成したとしても国民のワクチンへの信頼は損なわれ続けるという事実は、不当だと思う」と反論した。(c)AFP