財経

三菱自、冬のボーナス2割減…組合と合意

三菱自、冬のボーナス2割減…組合と合意
(图片: 財経時報日本)

三菱自動車は新型コロナウイルスの感染拡大で経営環境が悪化しているため、冬のボーナスにあたる年末一時金を、春に労使が妥結した水準から2割超引き下げることで労働組合と合意した。国内の一般社員ら約1万3000人が対象となる。  春には2・65か月分で妥結していた。しかし、業績回復に向けた構造改革を加速するため、経営側が0・6か月分を引き下げ、2・05か月分とする減額案を提示。組合側も提案を受け入れた。いったん合意した年末一時金の水準を引き下げるのは、2004年のリコール隠し問題で支給を取りやめて以来となる。  三菱自は21年3月期連結の最終利益を3600億円の赤字と見込んでいる。このため、今後2年間で1000億円規模の固定費削減に取り組む方針で、冬のボーナス削減もその一環となる。非組合員である管理職も基本給を1割カットしている。11月中旬から国内で約550人の希望退職を募集し、新規採用も抑える。