国際・科学

米大統領選、同時TVイベントで視聴率争い 中止の討論会に代わり

米大統領選、同時TVイベントで視聴率争い 中止の討論会に代わり
(图片: AFP news)

【10月15日 AFP】米大統領選を争うドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領とジョー・バイデン(Joe Biden)前副大統領は15日夜、トランプ氏の新型コロナウイルス感染により中止となったテレビ討論会に代わり、有権者からの質問に回答するタウンホール形式の集会を同時間帯にテレビ中継し、視聴率を競う予定だ。

 トランプ氏は、テレビ局NBCで放映されるタウンホール形式の集会を、バイデン氏がABCで放映予定のイベントと同じ米東部時間午後8時(日本時間16日午前9時)のゴールデンタイムに設定。視聴率でバイデン氏を上回る狙いだ。

 両氏は当初、15日に予定されていたタウンホール形式の第2回テレビ討論会で対決することになっていた。しかしトランプ氏の新型ウイルス感染を受けて、大統領候補討論会委員会(CPD)は安全面での配慮から討論会をリモート形式での開催に切り替えたが、トランプ氏は参加を拒否した。

 11月3日の大統領選まで残り20日となる中、支持率を逆転させて勝利を目指すトランプ氏は、マイアミ(Miami)にあるペレス・アート・ミュージアム・マイアミ(Perez Art Museum Miami)で1時間にわたり集会を開く。先週すでに集会の開催を決定していたバイデン氏は、ペンシルベニア州フィラデルフィア(Philadelphia)で集会を行い、支持率でのリード維持を狙う。(c)AFP/Ben Sheppard