国際・科学

サルコジ仏元大統領、汚職で公判開始

【11月23日 AFP】(更新)フランスの首都パリで23日、ニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)元大統領の汚職事件をめぐる公判が始まった。大統領経験者が被告として法廷に立ったのは、同元大統領が初めて。

 サルコジ元大統領は収賄罪で出廷。現場で取材に当たっているAFP記者によると、記者団に対する発言はなかったという。

 フランスの大統領経験者としては、ジャック・シラク(Jacques Chirac)元大統領も退任後に架空雇用事件で起訴されているが、健康上の理由により出廷はしなかった。(c)AFP