財経

スターボードのSPAC、米シクステラとの合併を協議 34億ドル=WSJ

スターボードのSPAC、米シクステラとの合併を協議 34億ドル=WSJ
(图片: 財経時報日本)

[21日 ロイター] -     ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙によると、スターボード・バリュー・アクイジションの特別買収目的会社(SPAC)が、米データセンター運営会社シクステラ・テクノロジーズとの合併を協議している。 同社の企業価値を負債を含めて34億ドル前後と算定しているという。関係筋の話として報じた。 シクステラの既存の株主であるプライベートエクイティのBCパートナーズやメディナ・キャピタルなどは、保有株を統合後の新会社に組み入れる計画という。 交渉が決裂しなければ、22日までに最終決定が下される可能性がある。 スターボードとシクステラのコメントは取れていない。 スターボードのSPACは昨年9月に上場し、3億6000万ドルを調達した。 シクステラのウェブサイトによると、同社はマイアミを拠点に60以上のデータセンターを保有。数千社の企業や米連邦政府機関にサービスを提供している。 WSJが関係筋の話として報じたところによると、2020年の売上高は約6億9000万ドルだった。