社会

駐コンゴ伊大使、襲撃され死亡 フツ人反政府勢力の犯行か

駐コンゴ伊大使、襲撃され死亡 フツ人反政府勢力の犯行か
(图片: AFP news)

【2月23日 AFP】コンゴ民主共和国(旧ザイール)東部ゴマ(Goma)近郊で22日、国連(UN)の世界食糧計画(WFP)の車列が襲撃され、イタリアの大使ら3人が殺害された。コンゴ内務省は、ルワンダのフツ人反政府勢力による犯行だとしている。

 首都キンシャサの外交筋とWFPによると、ルカ・アッタナシオ(Luca Attanasio)大使(43)は、学校での給食提供プログラムの視察に向かっていた。

 イタリア政府はアッタナシオ大使の他、イタリア人警察官1人と運転手1人が死亡したと発表し、セルジョ・マッタレッラ(Sergio Mattarella)大統領は「卑劣な攻撃」だと非難した。

 コンゴ内務省は、ルワンダのフツ人反政府武装組織「ルワンダ解放民主軍(FDLR)」による犯行だと主張している。FDLRは周辺地域で25年以上にわたり活動している。(c)AFP/Marthe BOSUANDOLE and Bienvenu-Marie BAKUMANYA