総合

新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(12日午後7時時点) 死者331.9万人に

【5月13日 AFP】AFPが各国当局の発表に基づき日本時間12日午後7時にまとめた統計によると、世界の新型コロナウイルスによる死者数は331万9512人に増加した。

 これまでに世界で少なくとも1億5959万3520人の感染が確認された。大半はすでに回復したが、一部の人々にはその後も数週間、場合によっては数か月にわたり症状が残っている。

 この統計は、各国の保健当局が発表した日計に基づいたもので、ロシアやスペイン、英国で行われた統計局による集計見直しの結果は含まれていない。

 検査の実施件数は流行初期と比べて大幅に増加しており、集計手法も改善したことから、感染が確認される人の数は増加している。だが、軽症や無症状の人の多くは検査を受けないため、実際の感染者数は常に統計を上回る。

 11日には世界全体で新たに1万3475人の死亡と74万8719人の新規感染が発表された。死者の増加幅が最も大きいのはインドの4205人。次いでブラジル(2311人)、米国(658人)となっている。

 最も被害が大きい米国では、これまでに58万2848人が死亡、3277万9153人が感染した。

 次いで被害が大きい国はブラジルで、死者数は42万5540人、感染者数は1528万2705人。以降はインド(死者25万4197人、感染者2334万938人)、メキシコ(死者21万9323人、感染者236万8393人)、英国(死者12万7629人、感染者443万9691人)となっている。

 人口10万人当たりの死者数が最も多いのはハンガリーの298人。次いでチェコ(278人)、ボスニア・ヘルツェゴビナ(272人)、北マケドニア(246人)、モンテネグロ(246人)となっている。

 地域別の死者数は、欧州が109万8811人(感染5179万5679人)、中南米・カリブ海(Caribbean Sea)諸国が96万1839人(感染3015万3927人)、米国・カナダが60万7554人(感染3407万6230人)、アジアが38万9327人(感染3073万1056人)、中東が13万5867人(感染813万9990人)、アフリカが12万5045人(感染465万1749人)、オセアニアが1069人(感染4万4892人)となっている。

 各国の死者数・感染者数は当局による訂正やデータ公表の遅れがあるため、過去24時間での増加幅は前日の集計結果との差と一致しない場合がある。(c)AFP


人気文章
财经时报 热门主题
ニュースメールを購読する